レバリズム

タウリンとビタミンB6の関係

タウリンという成分は、体内で合成することができますが、そのタウリンを合成するのにはビタミンB6がないといけません

 

私たちの肝臓でタウリンの合成が行われているわけですが、そのタウリンが合成される過程の中にシステインとメチオニンという物質が作り出されます。
そのシステインというものによってタウリンができるのですが、そのためにはビタミンB6がないとシステインからタウリンができないのです。
ですのでタウリンの合成を行うためにはビタミンB6は必須なのです。

 

タウリンというのは栄養ドリンクにも配合されている成分です。
ですので疲れがたまっているためにタウリンを摂取するという人は一緒にビタミンB6を摂取すると、タウリンが体内で増やすことができて効果的です。
ただし、体内で合成されるタウリンの量というのは決まっていますのでサプリメントなどでも補給したほうが良いかと思います。

 

なお、女性は女性ホルモンが分泌されているためにタウリンの合成がされにくくなっています
ですので男性よりも意識してタウリンの摂取を心掛けたほうが良いかと思います。